厚生労働大臣等の公的年金支払者が年金にかかる個人市県民税を4月から翌年2月までの偶数月に6回に分けて、年金の支払をする際に差し引いて釜石市に納める制度です。

公的年金からの特別徴収(天引き)の対象となる方

 公的年金からの特別徴収(以下,「年金特徴」という。)に該当するのは以下の条件に当てはまる方です。

・その年の4月1日時点での年齢が65才以上になっている方

・老齢基礎年金等が年額18万円以上の方

・介護保険料が特別徴収されている方

・老齢基礎年金等から差し引く各種保険料等の額が老齢基礎年金等の半分の額を超えない方

 ※給与所得や不動産所得などがあっても公的年金等の所得に係る税額だけが年金特徴の対象となります。

 ※年金特徴は本人の意思によって徴収区分の変更はできません。

 

徴収方法 

年金特徴は上半期(4月から9月)と下半期(10月から翌3月)に分けて計算されます。

基本的には以下の場合に分類されます。

今年度から年金特徴となる方

上半期は公的年金にかかる年税額の4分の1にあたる額を6月(第1期)と8月(第2期)に普通徴収(納付書による手払いか口座振替)で納付する。

下半期は公的年金にかかる年税額の6分の1にあたる額が10月、12月、翌2月に年金特徴となる。

6月(第1期)

8月(第2期)

10月

12月

翌2月

年税額の1/4

 年税額の1/4 

年税額の1/6

年税額の1/6

 年税額の1/6

 

前年度から特別徴収が継続となる方

上半期は前年度の公的年金にかかる年税額の6分の1にあたる額が4月、6月、8月に年金特徴となる。

下半期は公的年金にかかる年税額から前年度の公的年金にかかる年税額の1/2を差し引いた額の3分の1にあたる額が10月、12月、翌2月に年金特徴となる。

4月

6月

8月

10月

12月

翌2月

Aの1/6

Aの1/6

Aの1/6

(B-A/2)の1/3

( B-A/2)の1/3

(B-A/2)の1/3

(注)前年度の公的年金にかかる年税額をA、今年度の公的年金にかかる年税額をBとする