被災代替車両の非課税申請について

東日本大震災により被災し、廃車した車両の代替で軽自動車等を購入した場合、軽自動車税の非課税申請をすることにより、代替車両の取得した年度の翌年度の軽自動車税が非課税となります。お早めの申請をお願いします。

<申請書提出窓口>

市役所本庁舎の税務課窓口

<受付時間>

平日の午前8時30分から午後5時15分まで

<必要なもの>

軽自動車等が津波などにより被災し、使用不能又は所在不明となった場合

東日本大震災により被災し、所在不明または使用不能となった原付バイク、軽自動車、小型二輪自動車は、申立書を提出することにより平成23年度以降の軽自動車税は課税されません。

なお、軽自動車の廃車手続きにつきましては、下記のいずれかで別途行う必要があります。

  《手続代行機関》
軽自動車検査協会岩手事務所
盛岡市湯沢16地割15-10
電話 019-639-8011

岩手県自家用自動車協会釜石支部
釜石市千鳥町1-1-25
電話 0193-25-1353

小型二輪自動車の廃車は、東北運輸局岩手運輸支局(TEL019-638-2154)又は岩手県自家用自動車協会釜石支部で手続きとなります。

 

 

 東日本大震災に伴う平成30年度の固定資産税の対応について

・津波浸水区域における固定資産税の減免について

平成30年度は釜石市条例に基づき、津波浸水区域内で対象と認められる固定資産について、その税額を全額減免または2分の1減免とします。

全額減免または2分の1減免が適用された場合、納税通知書に「免」または「減」と表示されますので、内容をご確認ください。