釜石市空き家バンク

1、お申込

売りたい/貸したい空き家をお持ちの方は (様式第1号)空き家バンク登録申込書(173 KB pdfファイル)及び (様式第2号)同意書(91 KB pdfファイル)に必要事項を記入の上、
「空き家の間取り図」「建物登記簿謄本、公図、測量図等があればその写し」を添えて(無ければ結構です)、
ご提出ください。

2、現地確認

市の担当者が空き家の状況や登録条件の確認、内部写真撮影のため現地に伺いますので、
立ち合いをお願いします。(立ち合いは所有者本人でなくても結構です。)
その他、空き家バンク登録ができないケースはこちら

3、公開

「空き家バンク」登録後、このホームページで物件を紹介し、空き家利用者の募集を開始します。
・空き家を買いたい/借りたいという希望者が現れたら、その旨をご連絡します。
・空き家バンクに空き家を登録した後も、登録情報の取り消しや変更はいつでも可能です。
 「 (様式第5号)空き家バンク登録変更申出書(50 KB pdfファイル)」または「 (様式第6号)空き家バンク登録抹消申出書(50 KB pdfファイル)」をご提出ください。

4、物件案内

利用希望者から見学希望があれば、市の担当者が現地に案内します。
・内覧の希望があった場合は、立ち合いをお願いします。
・また利用希望者との面談を希望される場合は、市担当者にて調整しますので、ご連絡ください。

5、交渉

利用希望者から交渉申込書の提出があれば、その旨をお伝えします。
・交渉に入って良ければ「 (様式第17号)空き家バンク物件交渉承諾書(165 KB pdfファイル)」を提出してください。
・仲介する事業者が決まったら、その仲介により利用希望者との交渉が始まります。
※交渉、契約には市は関与しません。

留意事項
●空き家の売買や賃貸借のトラブルを避けるため、原則として宅地建物取引業者に仲介していただきます。
   これにより、宅地建物取引業法に定められた仲介手数料が発生しますのでご了承ください。
   ※仲介手数料は、売買等契約が成立した場合のみに生じます。

●仲介する宅地建物取引業者は、事前に登録した空き家バンク登録事業者(宅地建物取引業者)の中から、
   空き家の所有者が希望する仲介業者を選定します。
   空き家の所有者に希望する業者が無い場合は、事業者登録順に市が指定します。
--> ●空き家バンクに登録できる期間は2年間です。
   2年経過後は登録が抹消されますが再度継続して登録することもできます。

●既に宅地建物取引業者と管理委託/媒介契約を締結している物件は空き家バンクには登録できません
   その他、右のケースに該当する場合は空き家の登録取消をお願いします。こちら

1、利用申込

このホームページに掲載された物件情報をみて、詳しい情報の案内や現地下見を希望される方は、
(様式第13号)空き家バンク利用登録申込書(70 KB pdfファイル)」と
(様式第14号)誓約書(64 KB pdfファイル)」を提出してください。

2、見学

気に入った物件があれば、市の担当者が現地に案内し、外観や周辺環境を見学いただきます。
事前に物件所有者の許可を得て、内部の見学をすることも可能です。

3、交渉

契約に向けた交渉に入りたい場合は、「 (様式第16号)空き家バンク物件交渉申込書(51 KB pdfファイル)」を提出してください。
所有者の承諾後、仲介業者を選定し、その仲介により交渉が始まります。
※交渉、契約には市は関与しません。

留意事項
●空き家の売買や賃貸借のトラブルを避けるため、原則として宅地建物取引業者に仲介していただきます。
   これにより、宅地建物取引業法に定められた仲介手数料が発生しますのでご了承ください。
   ※仲介手数料は、売買等契約が成立した場合のみに生じます。