お客さまと将来へつなぐ水道
「かまいし水道ビジョン」を策定しました。

近年、水道事業を取り巻く社会情勢は、少子高齢化に伴う人口の減少、節水意識の向上による料金収入の減少など厳しさを増していますが、一方では多様化するニーズへの対応など水道事業に求められる要求は高度化しています。
釜石市水道事業所では、平成16年6月に厚生労働省が策定した「水道ビジョン」の方針を踏まえ、事業の目指すべき将来像を実現するための重点的な課題とそれらに対処するための具体的な施策や工程を包括的に明示するため、平成20年度から平成29年度を計画期間とする「かまいし水道ビジョン」を策定しました。
策定にあたりまして、利用者の皆様から広くご意見ご提言をいただき、見直しを図りながら、よりよい水道事業の運営に努めてまいりますので、積極的なご意見ご提言をよろしくお願いいたします。

5つの施策目標
【安心】安心して使える水道
【安定】災害に強い水道
【維持】将来にわたって使い続けられる水道
【環境】環境負荷の少ない水道
【経営・サービス】スリム経営でサービスの向上をめざす

かまいし水道ビジョン(3,094 KB pdfファイル)