最近、市内で市役所や警察などを騙る不審な電話が増えています。

  怪しいと感じたら、市消費生活センターや釜石警察署へご相談ください。

 市役所を名乗る電話「還付金があるのでATMへ」は詐欺!

「市役所の保険年金課」等を名乗り「医療費の還付金がある」「未支給の年金がある」と言って、ATMから受け取るよう誘導し、逆にお金を振り込ませて騙し取る詐欺です。

最近では、利用している銀行を聞かれ、後に銀行を名乗る者からの電話で誘導されるパターンもあります。

市役所以外に、年金事務所税務署を名乗って同じような電話がくることもあります。

本当に還付金があるかは、電話帳等で確実な番号を調べて問い合わせましょう。相手の言う番号への電話は危険です。

還付金詐欺を見抜く!キーワード

●「ATM で還付金を受け取れる」

●「今日中に手続きしないと権利が消滅する」

●「病院・コンビニ等のATMへ」

ATMを操作して他人からお金をもらうことはできません。期限を迫って焦らせたり、警戒の目が届きにくい銀行以外のATMへ誘導するのもよくある手口です。

警察を名乗る電話「口座が危ないので預金を預かる」は詐欺!

警察官を名乗り「あなたの口座が犯罪に狙われており、危ないので預金を預かる」などと言って預金を引き出させて送らせたり、直接受け取りに来て騙し取る詐欺です。

警察を名乗る詐欺のキーワード

●「あなたの口座が狙われている、犯罪のリストに載っている」

●「現金をレターパックで送ってほしい」「受け取りに行く」

警察ではそのような電話をかけることはありません。

最近では、現金を郵便や宅配便で送らせたり受け取りに来る等のケースが増えています。振込みよりもお金の動きが証拠に残りにくく、取り戻すのがさらに難しくなります。

被害を防ぐために

●詐欺の手口はどんどん変化・複雑化しています。少しでも怪しいと感じたら、相手の指示には従わないでください

確認の取れない相手に住所や家族の名前、預金口座などを教えないようにしましょう。個人情報を知られると更に狙われ、色々な電話や郵便物が来るようになります。

不審な電話や訪問を受けた場合には、情報提供をお願いします。情報が増えることで悪質業者の特定や新たな手口の発見につながり、被害防止に役立てられます。