市では、認知症の方やそのご家族の相談や支援を行う「認知症初期集中支援チーム」を地域包括支援センター内に設置しました。

「認知症初期集中支援チーム」とは?

認知症の早期発見・早期対応を目的としたチームで、認知症サポート医(はまと神経内科クリニック 濱登文寿医師)と地域包括支援センターの保健師、介護福祉士2人の4人がチーム員となって相談支援を行います。

 

<支援の方法・内容>

認知症の人やそのご家族から相談を受けたチーム員が自宅を訪問し、必要に応じて認知症についての情報提供やサポートなどを行います。

具体的には以下のとおりです。

(1) 医療機関への受診方法や介護保険サービスの利用に向けた相談支援

(2) 栄養状態や服薬に関する相談支援

(3) 整理整頓や金銭管理などの生活環境を改善するための相談支援

(4) 家族介護者の介護負担の軽減や健康保持などに関する相談支援 など

 

<対象>

40歳以上で自宅で生活していて、認知症が疑われる人や認知症の人で、次の①②のいずれかに該当する方。

①医療サービスや介護サービスを受けていない人、または中断している人。

②医療サービスや介護サービスを受けているが認知症の症状があり、介護や対応に悩んでいる人。

 

認知症は早期発見、早期治療により進行を遅らせることができます。また、原因疾患によっては治療することで元気な状態に戻ることもあります。認知症が気になる人、お悩みの人は市地域包括支援センターにご相談ください。