市では、認知症対策推進のため、正しい知識や情報を提供することで、早めの適切な対応を可能にすることと、認知症の人や家族が安心して暮らせるような地域で支えるしくみを構築するため認知症ケアパスを作成しました。ここでの「ケアパス」とは、ケアの流れを意味しています。

市ホームページに掲載するほか、各地区生活応援センター窓口に設置して希望者へ配布します。

 

認知症は誰にでも起こり得る脳の病気に起因するものです。

国内の認知症の人の数は、平成24年で約462万人で65歳以上高齢者の約7人に1人と推計されており、軽度の認知障害と推計される約400万人と合わせると、65歳以上高齢者の約4人に1人が認知症の人又はその予備軍とも言われています。

自分や家族などが「認知症かな?」と思ったとき、また、認知症の人とどのように接すれば良いのか迷ったときにこのガイドブックをご覧ください。
 

みんなで支える認知症安心ガイド~釜石市認知症ケアパス~(995 KB pdfファイル)