釜石市では、岩手県と連携し、東京圏への過度な一極集中の是正と県内中小企業の人手不足解消を目的として、
東京圏から本市に移住し就業又は起業した方の経済的負担を軽減する「移住支援金」を支給します。

対象となる人

移住について ①②どちらも満たす必要あり

【① 転入前】
・転入前の直近5年以上、東京23区に在住していた人
または、直近5年以上、東京23区内の企業等に通勤していた人(法人経営者、個人事業主含む)

例1.世田谷区在住で、港区勤務 ⇒ 対象
例2.八王子市在住で、港区勤務 ⇒ 対象
例3.八王子市在住で、横浜市勤務 ⇒ 対象外
例4.八王子市在住で、今は港区勤務だが、昨年まで横浜市勤務 ⇒ 対象外

【② 転入後】
・平成31年4月1日以降に釜石市に転入したこと
・転入後3か月以上かつ1年以内に申請すること
・移住支援金の申請後、5年以上釜石市に住む意思があること

仕事内容

・就業先が、岩手県が運営するマッチングサイトに、移住支援金の対象として掲載している求人であること
・3親等以内の親族が代表者などの経営を担う職務を務めている企業でないこと
・申請日時点で3か月以上勤務していること
・転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること

※起業する方は、岩手県地域課題解決型企業支援事業に係る起業支援金の交付決定を受けていることが条件となります。

マッチングサイトは当面の間、岩手県U・Iターンシステムが代用となります。
岩手県U・Iターンシステムはこちら

支給金額

一人世帯の場合 60万円
二人以上世帯の場合 100万円

必要な書類

全員が提出する必要があるもの

・釜石市移住支援金交付申請書  ダウンロードはこちら(302 KB pdfファイル)
・釜石市移住支援金交付申請に関する制約事項  ダウンロードはこちら(62 KB pdfファイル)
・個人情報の取り扱い  ダウンロードはこちら(56 KB pdfファイル)
・写真付きの身分証明書の写し
・移住元の住民票の除票の写し(移住元の在住地、在住期間を確認できる書類)
・釜石市の住民票の写し
・移住支援金の振込先がわかるもの
・預金通帳またはキャッシュカードの写し等

二人以上世帯の場合は、以下も必要です。
・世帯全員分の移住元の住民票の写し
・世帯全員分の釜石市の住民票の写し

東京23区内の企業に通勤していた人

・23区内の企業等の就業証明書

東京23区内の企業に通勤していた経営者、個人事業主の人

・開業届出済証明書
・個人事業等の納税証明書

マッチングサイトの求人に就業する人

・就業先の就業証明書  ダウンロードはこちら(75 KB pdfファイル)

起業する人

・就業支援金の交付決定通知書の写し


申請の流れ

 

注意事項

移住支援金を返還していただく場合がございます。ご了承ください。
(申請に誤りがあった場合や、釜石市から転出された場合、就業先を退職された場合など)