雇用の安定、職場環境の改善、仕事と家庭の両立支援、従業員の能力向上などにご活用ください。主な制度の概要は以下のとおりです。

給付金名 概 要 相談先
雇用調整助成金 景気の変動、産業構造の変化などの経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた場合に、休業、教育訓練または出向によって、その雇用する労働者の雇用の維持を図る事業主に対して助成します。
ハローワーク釜石

電話:0193-23-8609
特定求職者
雇用開発助成金
高年齢者(60~64歳)、障害者、母子家庭の母、65歳以上の離職者、被災離職者などの就職が特に困難な者を、ハローワークなどの紹介により、継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主に対して賃金の一部を助成します。
トライアル
雇用奨励金
職業経験、技能、知識などから安定的な就職が困難な求職者(障害者、母子家庭の母、父子家庭の父、1年を超えて離職している者など)を、ハローワークなどの紹介により、一定期間試行雇用した場合に助成します。
地域雇用開発
助成金
過疎等雇用改善地域(釜石市、遠野市、大槌町などは地域指定されています)において、事業所の設置・整備あるいは創業に伴い、地域求職者の雇入れを行った場合に助成します。
労働移動支援
助成金
事業規模の縮小などに伴い離職を余議なくされた従業員に対し、<送り出し企業>再就職の支援(就職支援会社に委託した場合や求職活動のための休暇付与)や、<受入れ企業>その受入れ及び訓練を行った事業主に対して助成します。
岩手労働局
職業対策課

電話:019-606-3285
建設労働者確保
育成助成金
建設労働者の雇用の改善(若年者及び女性に魅力ある職場づくり、新分野教育訓練、作業員宿舎などの賃借)、技能の向上(認定訓練、技能実習)を行う中小建設事業主などに対して助成します。
キャリアアップ
助成金
有期契約労働者、短時間労働者、派遣労働者といったいわゆる非正規雇用の労働者の企業内でのキャリアアップなどを促進する取組を実施した事業主に対して助成します。
キャリア形成促進
助成金
従業員に対して行う職業能力開発に関する計画に基づいて訓練(職業訓練のほか、職業能力検定およびキャリア・コンサルティングを含む。)などを行った事業主に対して、その経費と訓練期間中に支払った賃金の一部を助成します。
両立支援等
助成金
労働者の職業生活と家庭生活を両立させるための制度の導入や事業内保育施設の設置・運営を行う事業主などに対して助成するものであり、職業生活と家庭生活の両立支援に対する事業主などの取組の促進を目的としています。
岩手労働局
雇用均等室

電話:019-604-3010
助成金を受給するためには、各助成金の個別要件を満たす必要があります。
詳しくは、「相談先」へお問い合わせまたは厚生労働省ホームページ「雇用関係助成金のご案内」をご覧ください。


雇用促進税制
平成26年4月1日から平成28年3月31日までの期間内に開始する各事業年度(個人事業主の場合は平成27年1月1日から平成28年12月31日までの各年)において、雇用者増加数5人以上(中小企業は2人以上)、かつ雇用増加割合10%以上等の要件を満たす企業は、雇用増加数1人当たり40万円の税額控除が受けられます。
詳しくは最寄りのハローワークまたは税務署にお問い合わせください。