国民年金の加入について

内容

日本国内に住む20歳以上60歳未満の方は原則として全員加入しなければなりません。

対象

第1号被保険者

  • 農林漁業・自営業・自由業などの人とその被扶養者及び学生
  • 厚生年金や共済年金に加入していない方

第2号被保険者

  • 会社員や公務員など、厚生年金や共済年金に加入している方

第3号被保険者

  • 第2号被保険者に扶養されている配偶者
任意加入について

次に該当する方は、任意で国民年金に加入することができます。

  • 海外に在住している日本人(20歳以上65歳未満) 
  • 60歳以上65歳未満の人で、満額の老齢基礎年金に不足する方
  • 60歳以上70歳未満の人で、受給資格に満たない方(ただし、65歳以上は受給資格ができるまで)

国民年金の手続きについて

国民年金の加入者には、その状況に応じて、いろいろな手続きが必要となることがありますので、忘れずに行うようにしてください。

 

こんなとき 備考(手続に必要なものなど)
20歳になったとき
(厚生年金・共済年金の加入者は除く)
印鑑
厚生年金・共済年金の加入をやめたとき
(扶養している配偶者がいる場合は併せて届け出をしてください)
印鑑、年金手帳、退職年月日のわかる書類
第3号被保険者の配偶者が会社などを変わったとき 配偶者の勤務先で手続き
配偶者の扶養になったとき
(結婚したときや収入が減ったとき)
配偶者の勤務先で手続き
配偶者の扶養からはずれたとき
(離婚したときや収入が増えたとき)
印鑑、本人の年金手帳、扶養からはずれた日のわかる書類
住所、氏名が変わったとき
(住民票の届け出と一緒にできます)
印鑑、年金手帳
任意加入をするとき 年金手帳、預金通帳、通帳届出印
任意加入をやめるとき 年金手帳、印鑑

市民課国保年金係または各地区生活応援センター(釜石地区は除く)で手続できます。