他市区町村(または国外)から釜石市へ住所を変更する手続きです。

外国人住民の方はこちらをご覧ください。

他市区町村からの転入について

届出期間
  • 釜石市に住み始めてから14日以内(住み始める前に届け出ることはできません。)
届出窓口
  • 市民課市民登録係
  • 各地区生活応援センター(ただし、釜石地区は除く) 

※住基カードまたはマイナンバーカードでの特例転入、継続利用を希望される方は市民課市民登録係での手続きとなります。(暗証番号の入力が必要です。)

届出人
届出に必要なもの
  1. 転出証明書 (住基カード、マイナンバーカードで転出されている方(特例転出)は不要です。)
  2. 届出人の印鑑
  3. 国民年金手帳(加入者のみ)
  4. 本人確認書類
  5. 住民基本台帳カード(交付を受けている方で、釜石市でも継続して利用を希望される方) 
  6. マイナンバーカード(交付を受けている方)または、通知カード

国外からの転入について

国外から転入してくるときは、下記の書類が必要です。

  1. パスポート
  2. 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) ※釜石市が本籍の方は不要です。
  3. 戸籍の附票の写し ※釜石市が本籍の方は不要です。
  4. 届出人の印鑑
  5. 本人確認書類

本人確認について

虚偽の住民異動の届出を防ぐため、届出の際に運転免許証などの提示による本人確認を行っております。皆さまのご理解とご協力をお願いします。  

 

人確認対象

窓口に転入届を提出する方

※代理人の場合は、本人または世帯主からの委任状(代理人選任届必要です。この際、代理人の本人確認を行います。

 

本人確認の方法(提示していただくもの)

次の1.か2.のいずれかを提示してください。

  1. 官公署発行の顔写真付き本人確認書類・資格証などから「1つ」提示してください。
    (例)運転免許証・パスポート・写真付き住民基本台帳カード・マイナンバーカードなど
  2. 各種健康保険証・介護保険被保険者証・各種医療受給者証・社員証・学生証・年金手帳・年金証書などから「2つ」提示してください。
  • 提示がない時や提示があっても必要がある場合は、口頭質問により確認させていただきます。
  • また、本人確認ができなかった場合は、転入された方の前住所に「住民異動届受理通知」を郵送します

 

転入届の特例について

住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードの交付を受けている方は、転出地の市区町村に転出届をすることにより、転入地の市区町村窓口に住基カードまたはマイナンバーカードを提示して転入手続きを行うことができます。

 

手続き方法
  1. 転出地の市区町村窓口または郵送にて転出手続きをしてください。
  2. 住み始めてから14日以内に市民課市民登録係の窓口へ住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードを提示のうえ、転入手続きをしてください。(各地区生活応援センターでは手続きができません。) 
注意事項
  • 転入手続きのときは、住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードを忘れずにお持ちください。
  • 住み始めてから14日以内に手続きをしないと、転入届の特例での手続きは出来ません。その際は、引越し前の住所地からの「転出証明書」の交付を受ける必要があります。
  • 転入届の特例を利用する際は、住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードの暗証番号を入力していただきます。
  • 転入届の特例の手続き後、住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードの継続利用の手続きができます。
  • 住民基本台帳カードまたはマイナンバーカードの交付を受けていない方は、従来どおり転出地の市区町村から「転出証明書」の交付を受けて、市民課市民登録係または各地区生活応援センター(釜石を除く)で転入手続きをしてください。