本年度から令和3年度までの3年間に限り、昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性が風しんの定期予防接種の対象者に追加されました。風しんの予防接種を受ける機会がなかった年齢層の男性は、他の年代と比べて、風しんの抗体保有率が低いといわれています。

7月上旬に本年度の対象者にクーポン券を発送しますので、クーポン券が届いた人は風しん抗体検査を受けましょう。抗体が十分でなかった場合は予防接種を受けましょう。

 

風しんとは 

風しんは発熱や発しんを主な症状とし、飛沫により人から人へ感染する力が強い感染症です。風しんの抗体のない女性が妊娠中(特に妊娠初期)に風しんに感染すると、胎児もウイルスに感染し、難聴・先天性心疾患・白内障を主な症状とする「先天性風しん症候群」の赤ちゃんが生まれる可能性があります。

今年度のクーポン券送付対象者

昭和47年4月2日~昭和54年4月1日生まれの男性

※昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性には、来年度以降に案内を発送する予定です。

 

クーポン券有効期限

令和2年3月31日(火)まで

費用

無料

実施方法

予防接種の前に抗体検査を実施し、抗体検査の結果が基準値より低い人のみ、予防接種を1回実施。

持参する物

①市から送付されたクーポン券

②本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)

③(ある場合)過去の風しん罹患の検査記録、平成26年4月1日以降の風しん抗体検査記録、過去の風しんの予防接種記録

④抗体検査の結果(予防接種を受けるとき)

 ※他市町村へ転出した人は、釜石市のクーポン券は使用できません。転出先の市町村へお問い合わせください。

 

次の人にもクーポン券を発行しますので、市健康推進課へご連絡ください。

①昭和37年4月2日~昭和47年4月1日生まれの男性で、抗体検査や予防接種を希望する人

②本年度の対象者のうち、クーポン券の発送前に抗体検査や予防接種を希望する人

抗体検査及び予防接種が受けられる医療機関

釜石市内及び大槌町内の実施医療機関一覧はこちらです。

釜石市内及び大槌町内の実施医療機関一覧(113 KB pdfファイル)

厚生労働省ホームページに全国で受けられる医療機関の一覧表が掲載されています。

※住民票のある市区町村のクーポン券を持参すれば、全国の協力医療機関において抗体検査・予防接種が受けられます。

厚生労働省 風しんの追加的対策のホームページ

予防接種を受けた後の注意事項

接種後、発熱や発しん等の副反応が起こることがありますので、接種後24時間は症状の出現に注意し、特に接種後30分程度は医療機関で様子を観察するか、医師とすぐ連絡がとれるようにしましょう。

接種後は接種部位を清潔に保ち、接種当日は過激な運動を避けるようにしましょう。

接種後、接種部位の異常反応や体調の変化があれば、必ず医師の診察を受けましょう。