現在、積極的な接種勧奨を控えています。詳しくは「子宮頸がん予防接種に関するお知らせ」を参照して下さい。

対象

中学1年生から高校1年生に相当する年齢の女子 ※望ましい接種時期は、中学1年生時です。

会場

個別予防接種で実施します。
市内の医療機関で接種を受けてください。(釜石整形外科クリニック、岩井小児科医院、釜石厚生病院、釜石のぞみ病院、せいてつ記念病院、藤井クリニックを除く)

ワクチンの種類と接種回数

子宮頸がん予防接種は、不活化ワクチンであるヒトパピローマウイルスワクチンを使用します。
「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類のワクチンがあり、どちらを使用する場合でも、同じ種類を合計3回接種します。

子宮頸がんとヒトパピローマウイルス

子宮頸がんは、成人女性がかかる子宮がんの一種で、子宮頸部(子宮の入り口)にできるがんです。近年、とくに20~30歳代で増加しています。

初期の段階では自覚症状がほとんどないため、しばしば発見が遅れてしまいます。がんが進行すると、不正出血や性交時の出血がみられます。

子宮頸がんは、発がん性HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染が原因で引き起こされる病気です。発がん性HPVに感染しても、多くの場合感染は一時的で、ウイルスは自然に排除されますが、感染した状態が長く続くと子宮頸がんを発症することがあります。

子宮頸がん予防ワクチンのはたらき

子宮頸がん予防ワクチンは、すべての発がん性HPVの感染を防ぐものではありませんが、子宮頸がんから多く見つかるタイプの発がん性HPVの感染を防ぐことができます。

すでに1つの型の発がん性HPVに感染している場合、予防接種によりウイルスを排除することはできませんが、他の型の発がん性HPVに対する予防効果が期待できます。

すでに発症している子宮頸がんや前がん病変(がんになる前の異常な細胞)の進行を遅らせたり、治療したりすることはできません。