対象

< 定 期 >

釜石市に住所がある、今年度中に3歳になる子ども。対象者には個別に案内を送付します。

接種時期は第1期と第2期に分かれており、あわせて4回接種します。

  • 第1期…3歳から4歳の間に3回接種(1~4週間あけて2回接種し、おおむね1年後に1回追加接種)
  • 第2期…9歳以上13歳未満(標準として小学4年生時)に1回接種

 

< 特例措置 >

 釜石市に住所がある平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれの方

20歳未満の間、不足している回数を定期接種として公費負担(無料)でうけられます。

※積極的勧奨が差し控えられた影響により、日本脳炎の予防接種(計4回)が不十分になっていることがあります。母子健康手帳を確認し、日本脳炎の予防接種(計4回)が不足している場合は、20歳未満までに接種を受けましょう。

 日本脳炎予防接種をまったく受けていないか、不足分の接種がある人では接種スケジュールが異なります。詳しくは市健康推進課へお問い合わせください。予診票は、母子健康手帳を確認の上、市健康推進課で渡します。)

  

  < 追加特例措置 >

 釜石市に住所がある平成19年4月2日から平成21年4月1日生まれの方

7歳半までに第1期(計3回)の接種を完了できなかった場合、その不足分を第2期(9歳~13歳未満)の期間に公費負担(無料)で接種することができます。

日本脳炎予防接種を受けていないか、不足分の接種がある人とで接種スケジュールが異なります。詳しくは市健康推進課へお問い合わせください。(予診票は、母子健康手帳を確認の上、市健康推進課で渡します。)

会場

個別予防接種で実施します。
市内の医療機関で接種を受けてください。(県立釜石病院、せいてつ記念病院、国立釜石病院、釜石整形外科クリニック、釜石厚生病院、釜石のぞみ病院、藤井クリニックを除く)

副反応

主な副反応は、紅斑、内出血、疼痛、腫れ、かゆみなどの局所反応と、発疹、じんましん、紅斑、頭痛、せきなどの全身反応です。

ワクチンの種類

日本脳炎予防接種は、不活化ワクチンである日本脳炎ワクチンを使用します。別の種類の予防接種を受けるまでは、1週間の間隔をあけてください。

日本脳炎という病気

ウイルスに感染したブタを刺した蚊(コガタアカイエカ)が人を刺すことで感染し、脳炎を起こす病気です。ヒトからヒトへは移りません。

日本脳炎を発症すると高熱、けいれん、意識障害等が症状を示す急性脳炎を起こします。治療が難しく、死亡や重い後遺症の危険性があります。