肺炎球菌感染症予防接種は、これまで任意接種に位置づけられ、希望者のみが接種していましたが、平成25年度から定期接種に追加され、すべての対象者が接種することになりました。

対象

生後2カ月から5歳未満までの子ども
※望ましい接種開始時期は、生後2カ月から7カ月未満です。

会場

個別予防接種で実施します。

  • 0歳児は、岩手県立釜石病院(甲子町)で接種を受けてください。
  • 1歳以上は市内の各医療機関で接種を受けられます。(釜石整形外科クリニック、釜石厚生病院、釜石のぞみ病院、せいてつ記念病院、藤井クリニックを除く)

四種混合予防接種ヒブ予防接種と同時に接種することができます。

接種回数

生後2カ月以上になれば予防接種を受けることができますが、接種開始時の月齢(年齢)により接種回数が異なります。

接種開始時の月齢が2カ月以上から7カ月未満

全4回(27日以上の間隔で3回接種し、60日以上あけて1歳から1歳3カ月の間に1回追加接種)
※3回目の接種は生後12カ月までに済ませてください。

接種開始時の月齢が7カ月以上から12カ月未満

全3回(27日以上の間隔で2回接種し、60日以上あけて1歳以降に1回追加接種)

接種開始時の年齢が1歳以上から2歳未満

全2回(60日以上あけて接種)

接種開始時の年齢が2歳以上から5歳未満

1回

ワクチンの種類

肺炎球菌予防接種は、小児用肺炎球菌ワクチン(不活化ワクチン)を使用します。接種後は、別の種類の予防接種を受けるまでに1週間の間隔をあけてください。

肺炎球菌感染症という病気

子どもの鼻やのどにいる身近な菌である肺炎球菌が、子どもの体力や抵抗力が落ちたときに、脳と脊髄を保護する髄膜などに入り込んで、細菌性髄膜炎や敗血症、肺炎などを起こします。髄膜炎は早期診断が難しいため重症になりやすく、死亡や重い後遺症の残る例もあります。