対象

生後2カ月から5歳未満までの子ども
※望ましい接種開始時期は、生後2カ月から7カ月未満です。

会場

個別予防接種で実施します。

  • 0歳児は、岩手県立釜石病院で接種を受けてください。
  • 1歳以上は、市内の各医療機関で接種を受けられます。(釜石整形外科クリニック、釜石厚生病院、釜石のぞみ病院、せいてつ記念病院、藤井クリニックを除く)

四種混合予防接種小児用肺炎球菌予防接種と同時に接種することができます。

接種回数

生後2カ月以上になれば予防接種を受けることができますが、接種開始時の月齢(年齢)により接種回数が異なります。

接種開始時の月齢が2カ月以上から7カ月未満

全4回(27日以上の間隔で3回接種し、おおむね1年後に1回追加接種)

接種開始時の月齢が7カ月以上から12カ月未満

全3回(27日以上の間隔で2回接種し、おおむね1年後に1回追加接種)

接種開始時の年齢が1歳以上から5歳未満

1回

ワクチンの種類

ヒブ(インフルエンザ菌b型)感染症予防接種は、不活化ワクチンであるヒブワクチンを使用します。接種後は、別の種類の予防接種を受けるまでに1週間の間隔をあけてください。

ヒブ感染症という病気

ヒブとは、ヘモフィルスインフルエンザ菌b型という細菌のことです。最初に発見されたときに「インフルエンザにかかっていた人」から発見されたためこのような名前がつきましたが、冬に流行するインフルエンザウイルスとはまったく別物です。

5歳までにかかることが多く、初期はかぜ症状から始まり、脳やのどの奥(喉頭)、肺、関節などに炎症を引き起こします。細菌性髄膜炎、喉頭蓋炎、肺炎などを起こすこともあります。髄膜炎は早期診断が難しく、重症化します。