子宮頸(けい)がん予防接種は、平成25年度から定期接種に加えられ、対象者(中学1年から高校1年に相当する年齢の女子)に対して個別に案内を送付していました。

しかし平成25年6月14日、厚生労働省は「子宮頸がん予防接種の接種後に持続的な痛みを訴える重篤な副反応が報告されていることから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」という勧告を行いました。

この勧告を受け、釜石市では、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的には勧めないことを決定しました。今後は当分の間、対象者への案内を差し控えます。

※定期接種とは、法律に基づいて市町村が行う予防接種で、市が費用を負担するため無料で接種することができるものです。

子宮頸がん予防接種を受ける場合

対象者が希望する場合は接種を受けることができますが、添付資料「子宮頸がん予防接種を受ける皆さまへ」などを参考に、予防接種の有効性と副反応のリスクを十分に理解したうえで接種を受けるようにしてください。

子宮頸がん予防接種を受ける皆さまへ(1,379 KB pdfファイル) 

お問い合わせ

釜石市保健福祉部健康推進課 保健予防係
電話 0193-22-0179