感染症発生動向調査で、インフルエンザの定点当たり報告数が30.0となり、警報レベル(定点あたり患者数30人)になりました。

かからないように、うつさないためにみんなで感染予防に取り組みましょう。

 

●インフルエンザとは

 

インフルエンザにかかった人のせき、くしゃみ、唾液などから放出されたウイルスを、鼻や気管に吸い込むことで感染します。また、ウイルスが付着した手から感染することもあります。

 

●インフルエンザの症状は?

 

インフルエンザウイルスに感染して1~3日ほどの潜伏期間の後に、38℃以上の発熱、頭痛、 

関節痛、筋肉痛などが現れ、そのあと、のどの痛みや、せき、鼻水などが現れます。

 

●かからない、うつさないために・・・

  

~感染症予防の6つのポイント~                                                        

 

・外出後は、しっかり手を洗いましょう

・うがいをしましょう。しっかり歯をみがいてお口を清潔に保ちましょう 

・十分な休養をとりましょう

・規則正しい食生活を送りましょう

・湿度は50~60%に保ちましょう

・人混みを避ける、マスクを利用することも有効です

 

●予防接種のススメ

 

インフルエンザ予防接種を受けてから、効果が現れるまで2週間程度かかります。効果は約5か月持続すると言われています。予防接種は、インフルエンザにかかりにくくなること、かかっても症状の重症化を防ぐ効果があります。

 

●インフルエンザにかかったら

 

熱や関節痛などの症状が現れた時は、自分のためだけでなく、周囲にうつさないためにも医療機関を受診しましょう。また、症状が治まったからと言って油断は禁物です。医師から指示された期間は会社や学校をお休みしましょう。

 

●咳エチケットをお願いします

咳が出ている方は、周囲への感染を防ぐためにも、マスクをしっかり付けましょう。