熱中症とは

気温や湿度が高い環境の中で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れ、体内の調整機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもり、様々な症状をひきおこす状態を指します。

症状が進むと、意識はもうろうとして、場合によっては死に至ることもあります。

予防法を知り、それを実践することで、防ぐことができます。

このような症状がでたら危険信号です

・めまい、たちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、脱力

<重症になると>

・返事がおかしい、意識の消失、けいれん、からだが熱い など

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

特に、体温調節機能が低下している高齢者や、体温調節機能がまだ十分に発達していない子ども、体調が悪い人、持病がある人、暑さに慣れていない人は注意が必要です。

熱中症は予防が大切です

温度に気を配りましょう

・温度計や天気予報をチェックするなどして、暑い日や暑い時間を知るようにする。

・急に暑くなった日や、久しぶりに暑い環境で活動する時は要注意です。

外出時には

・日傘や帽子を着用する。

・涼しい服装をする。

・天気の良い日は日中の外出をできるだけ控える。

・飲み物を持ち歩く。

室内では

・扇風機やエアコンで温度を調整する。

・すだれやカーテンで直射日光を防ぎ、こまめに窓を開けて風通しをよくする。

からだに熱がこもるのを避ける

・通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する。

・保冷剤、氷、冷たいタオルなどを使って、からだを冷やす。

こまめに水分を補給しましょう!

・室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給を心掛ける。

・寝る前だからと水分を我慢せず、水分補給を心掛ける。

・たくさん汗をかいたら塩分も補給する。

休息や栄養をとりましょう!

・朝食を抜かずに朝ごはんをしっかり食べる。

・暑さや疲れを感じたら、早めに涼しい場所に移動し、休息する。

声をかけ合いましょう!

・家庭、職場、ご近所、運動時など、体調に変化がないか、お互いの様子を気づかうことが予防につながります。

もっと詳しく知りたい方はこちらへ

熱中症予防情報サイト[暑さ指数(WBGT)予報など](環境省)

http://www.wbgt.env.go.jp/

熱中症情報[熱中症による救急搬送の状況など](消防庁)

http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/fieldList9_2.html