釜石市では特定不妊治療を行っている夫婦に対して、経済的負担の軽減を
図る目的で、その治療費の一部を平成21年度から助成しています。

対象者
○法律上の婚姻している夫婦であること
○夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満であること
○釜石市に住所を有する人(治療を開始した以前から)
○上記の要件をすべて満たし、かつ岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業の
交付決定を受けた者
治療対象
○岩手県が指定した医療機関で実施された特定不妊治療(保険適応外診療に限ります)
※夫婦以外の第3者からの精子、卵子、胚の提供による不妊治療は除きます
助成額と期間
○妻の年齢が43歳以上の場合、助成対象外となります。
○初めて助成を受ける際の治療期間時の妻の年齢が40歳以上43歳未満の場合、通算3回までとなります。                                   ○1回あたりの助成限度額は10万円です。
~平成28年4月1日から、次のとおり対象範囲、助成回数が変わります~
 新制度
対象年齢
年間助成回数
通算助成回数
通算助成期間
43歳未満
限度なし
初回40歳未満 通算6回     初回43歳未満 通算3回
初回限度なし

 

 

 厚生労働省ホームページ ⇒  制度改正周知用リーフレット(928 KB pdfファイル)

申請に必要なもの
○釜石市不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金交付申請書
○岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診証明書の写し
○岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業交付決定通知の写し
○指定医療機関の発行した特定不妊治療費に係る領収書の写し
○印鑑

※岩手県不妊に悩む方への特定治療支援事業による助成金の交付決定後1ヶ月以内に市健康推進課に申請してください。

リーフレットはこちら↓↓↓

釜石市不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金(246 KB pdfファイル) 

 

申請書ダウンロードはこちら↓↓↓

釜石市不妊に悩む方への特定治療支援事業費助成金申請書(44 KB pdfファイル)