内容

医療機関等での保険診療の医療費一部負担金を助成します。健診、予防接種、入院時の食事代などの保険適用外の費用は対象になりません。

レセプトごとに、外来は月1,500円、入院は月5,000円の自己負担があります。(3歳未満児、所得を判定される方が市町村民税非課税者の場合は自己負担なし)

※レセピプトとは、医療機関が健康保険に請求する医療費の明細のことで、月ごと、医療機関ごと、調剤薬局ごと(処方医療機関ごと)に作成されます。

医療費の助成を受けるには、受給者証の交付申請が必要です。

対象

・母子及び寡婦福祉法に規定する、配偶者のない女性及び配偶者のない男性のうち、0歳から18歳(18歳になってから最初の3月31日到来まで)の間にある児童を扶養している方とその扶養を受けている児童

・0歳から18歳(18歳になってから最初の3月31日到来まで)の間にある父母のいない児童

所得制限(36 KB pdfファイル)があります。

受給者証の交付手続きに必要なもの
  • 被保険者証
  • 印鑑(朱肉を使用する認印)
  • 振込先(口座番号等)の確認できるもの
  • 所得課税扶養証明書 ※

 ※本人及び主たる生計維持者が、釜石市外に在住の場合や、受給資格更新年の1月2日以降に釜石市に転入した場合のみ必要となります。1月1日時点の住所地の市区町村が発行します。釜石市に転入した方の場合は、マイナンバー利用に関する同意書に署名することで、所得課税扶養証明書に代えて手続きが可能です。同意書は、市民課医療給付係窓口で配布いたします。

給付申請方法

○未就学児・小学生の児童が岩手県内の医療機関を受診する場合(現物給付)

医療機関窓口へ被保険者証、ひとり親家庭医療費受給者証を提示してください。

医療機関窓口でのお支払いは、受給者証に記載されている自己負担額までとなり、差額は市から医療機関等へ支払われます。

 

○中学生以上の児童・保護者の方が岩手県内の医療機関を受診する場合(償還給付)

医療機関窓口へ被保険者証、ひとり親家庭医療費受給者証を提示し、(ひ)医療費助成給付申請書を提出してください。

医療機関窓口で一部負担金をお支払いいただき、自己負担額を超えた分が診療月の約3か月後に指定口座へ給付されます。

 

○岩手県外の医療機関を受診した・受給者証を提示し忘れた場合等(償還給付)

医療機関窓口で一部負担金をお支払いいただき、後日領収書(保険診療が確認できるもの)、受給者証、印鑑(朱肉を使用する認印)を持参のうえ、市民課または各地区生活応援センター(釜石地区を除く)で給付の申請をしてください。後日、自己負担額を超えた分が指定口座へ給付されます。なお、申請の期限は医療機関への支払日から5年以内ですが、2年経過すると時効により給付を受けられなくなる医療費もありますので、お早めにお手続きください。

 

制度の内容について、詳しくは下記までお問い合わせください。