6月の「環境月間」に合わせた取組みとして、「釜石市自然・生活環境展」を実施します。市内自然環境保護活動及びごみ減量・リサイクルの取組みの啓発と環境に関する図書を展示し、自然保護に対する理解と3R(リデュース・リユース・リサイクル)※1 の推進、意識の高揚を図ることを目的とします。

 

※1 3R(リデュース・リユース・リサイクル)の推進

リデュース = 無駄なごみの量をできるだけ少なくすること。

リユース  = 一度使ったものをごみにしないで何度も使うこと。

リサイクル = 使い終わったものをもう一度資源に戻して製品を作ること

 

主 催 等

(1)主  催    釜石市市民生活部 環境課・生涯学習文化スポーツ課・市立図書館

(2)協  力    岩手県環境アドバイザー 加藤直子氏

 

期  日

(1)展示期間  平成29年6月20日(火)から6月29日(木)

※6月26日(月)は休館日

(2)時  間  平日:午前9時から午後6時まで  土日:午前9時から午後5時まで

 

場  所

市立図書館1階展示ホール

 

展示内容

(1)こどもエコクラブ活動(水生生物調査等)

・こどもエコクラブの活動など、子どもたちの環境教育学習

(2)ミズアオイ保護活動(鵜住居、片岸地区)

・ミズアオイは環境省レッドデータブックでは準絶滅危惧種に相当し日本各地で保護活動が行われている。

(3)オオキンケイギク(特定外来生物)駆除活動

(4)ごみ減量、3Rの普及啓発パネルの展示

・「もったいない・いわて3R運動」の紹介

・リサイクル製品の紹介 他

(5)自然・生活環境に関する図書の展示