光化学オキシダントにご注意ください

  • 例年、5月から9月にかけて、大都市部を中心に光化学オキシダントが観測されていますが、この概要と測定・広報体制等についてお知らせいたします。

光化学オキシダントとは?

  • 光化学オキシダントは光化学スモッグの原因物質であり、工場や自動車から排出された窒素酸化物等が、太陽の紫外線により化学反応を起こして発生するもので、年間では5月から9月にかけて比較的多く観測されます。
  • 気温が高く、強い日差しがあり、無風状態のときに発生することが多く、目がチカチカする、喉が痛む、頭痛、吐き気、息苦しいなどの症状が現れます。
  • 【環境省】光化学オキシダント関連情報提供ホームページ

    http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/oxidant/index.html

光化学オキシダントの測定・広報体制、注意報発表基準について

  • 光化学オキシダントについては、岩手県沿岸地域を観測域として宮古市横町に観測点が設けられています。
  • 大気中のオキシダント濃度の1時間値が注意報発表基準(0.12ppm以上)となり、かつ、大気の汚染状態が継続すると見込まれるとき、岩手県知事が「光化学オキシダント注意報」を発表します。
  • 市では、注意報が発表された場合、防災行政無線でお知らせすることとしています。また、予め決められた連絡体制により、各学校や施設等にもお知らせします。

いわてモバイルメール「岩手県大気汚染情報」の登録をおすすめします

  • 注意喚起等の情報は「いわてモバイルメール」でも発信します。
  • いわてモバイルメールで「岩手県大気汚染情報」等を受信する方法は次のページをご覧ください。

https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/kankyou/hozen/taiki/mail.html

光化学オキシダント注意報発令時の留意点

  • 屋外での激しい運動を控え、なるべく屋内で生活しましょう。
  • 屋内では換気や窓の開閉を必要最小限にするなど、外気の侵入をできるだけ少なくしてください。
  • もし、手足のしびれや呼吸困難等の症状が生じた場合は、速やかに医療機関を受診してください。 
  • なお、岩手県においては観測開始以来、注意報の発表事例はありませんが、2007年から2009年にかけて岩手県内陸部を中心に、高濃度の光化学オキシダントが観測されています。

参考外部リンク