生ごみはごみ全体の約3割を占め、そのうち約8割が水分と言われています。つまり、生ごみを減らすことは、ごみ全体の減量化に大きく役立ちます。

そこで市は、各家庭から排出される生ごみの減量化及び資源化を促進するため、生ごみ処理容器等を購入する家庭に補助金を交付します。

生ごみ処理容器、電動式生ごみ処理機とは

【生ごみ処理容器】

  • 生ごみを微生物の力で分解させ堆肥化する容器。一般的にはプラスチック製の容器を庭や花壇などに一定程度埋めて使用します。処理後の堆肥は家庭菜園等に還元利用できます。

【電動式生ごみ処理機】

  • 乾 燥 式…生ごみを乾燥・破砕して、減量・衛生化するための家電製品。処理後は一般ごみとして処分します。
  • バイオ式…生ごみの発酵・分解を促進し堆肥化するための家電製品。処理後の堆肥は家庭菜園等に還元利用できます。
補助金の交付対象
  • 市内に住所を有し、かつ、居住している方
  • 減量・堆肥化した生ごみを、責任をもって自ら処理できる方
補助金額等

(1)生ごみ処理容器(コンポスター、密閉容器等)

購入費の3分の2(100円未満切り捨て)、ただし、上限額3,000円 

(2)電動式生ごみ処理機(家庭用)

購入費の2分の1(100円未満切り捨て)、ただし、上限額30,000円

補助金の申請の流れ

【補助金の申請は、購入する前に必要となります】

  1. 販売店に行く
    市内販売店で、購入したい生ごみ処理容器等を選び、購入するものが決まったら、「見積書」を頂いてください。
  2. 補助金の申請
    「補助金交付申請書」に必要事項を記載し、氏名記入欄の押印箇所に「印鑑」を押印してください。
    上記1の「見積書」を「補助金交付申請書」に添付し、環境課に提出してください。
    後日、「補助金交付決定通知書」が環境課から郵送されます。
  3. 生ごみ処理容器等の購入
    「補助金交付決定通知書」が届いたら、販売店で対象機種を購入してください。
    購入した際には、必ず販売店から「領収書」を頂いてください。
  4. 補助金の請求
    「補助金交付請求書」に必要事項を記載し、氏名記入欄の押印箇所に「印鑑」を押印してください。
    「補助金交付決定通知書」の写しと上記(3)の「領収書」を「補助金交付請求書」に添付し、環境課に提出してください。
    また、「補助金交付請求書」を提出する際に、補助金の振込先が確認できるもの(通帳等)を持参ください。

※ 申請様式等は、環境課及び市内各地区生活応援センターにあります。

申請様式等

補助金交付申請書

補助金交付請求書

申請様式等(記載例)

補助金交付要綱