雑紙も資源物として出しましょう。

 私たちの身近にある資源物のうち、特に「雑紙(ざつかみ)」の多くがごみとして処分されています。

 そこで、以下を参考に分別し、ごみ減量とリサイクルに取組みましょう。

○身近な雑紙の一例
  • 封筒やハガキ(※プラ部分や粘着物の部分は取り除く)
  • 紙箱、包装紙や紙袋(※プラの取っ手の場合は、取っ手を取る)
  •    ティッシュ箱(※プラ部分は取り除く)
  •    トイレットペーパーの芯、値札、チラシなど。

     

 ○出し方

 紙ひもで縛って出してください。

形が異なるものは、紙袋に入れてから縛って出してください。

    ビニールや金属など、紙以外の部分は取り除いてください。

                       ひもでしばる場合

 

紙袋で出す場合

 

  雑紙として出せないものがあります。

●防水加工紙               ●合成紙                    ●裏カーボン紙

(紙コップ・食器、   (選挙公示用ポスター、(宅急便の複写伝票など)

紙皿、油紙など)         投票用紙など)

           

       

    ●圧着ハガキ              ●感熱紙                     ●臭いのついた紙 

(親展ハガキ)     (ファックス用紙、  (石けんの包み紙、洗剤容器

レシートなど)    や線香の紙箱など) 

            

 

    ●捺染紙                    ●感熱性発砲紙                ●印画紙の写真

(アイロンプリント紙、(加熱により発砲する  (インクジェット写真

主に絵柄などを布地) インキが塗布された紙) プリント用紙、感光紙)                        

            

 

●複合素材の紙              ●金銀などの金属が箔押しされた紙  

(プラスチックフィルム  (金銀などの金属が箔押しされた紙)

などを貼りあわせたもの)

               

 

    ●水に濡れた紙、油のついた紙 ,タオルペーパー,食品残渣で汚れた紙

※紙おむつ(汚物を取り除いた後、一般ごみで出してください)

                              

                              

※参考資料 財団法人 古紙再生処理センターより

⇒これらは一般ごみで出してください。