居宅での介護が困難な場合に入所できる介護保険施設は3種類あり、要介護1~5に認定された人が入所できます

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)

食事や排泄などで常時介護が必要で、自宅では介護が困難な人が入所します。食事、入浴、排泄など日常生活の介助、機能訓練、健康管理などが受けられます。
(問合せ)介護保険サービス事業所等一覧表★施設サービス参照

介護老人保健施設

病状が安定し、自宅へ戻れるようリハビリに重点を置いたケアが必要な人が入所します。医学管理下での介護、機能訓練、日常生活の介助などが受けられます。
(問合せ)介護保険サービス事業所等一覧表★施設サービス参照

介護療養型医療施設(療養型病床群等)

急性期の治療が終わり、長期の療養を必要とする人のための、医療機関の病床です。医療、療養上の管理、看護などが受けられます。
(問合せ)介護保険サービス事業所等一覧表★施設サービス参照