このページでは、下水道に接続するための手続きと、資金の借り入れ、融資に対する利子の補給などについて説明します。

1. 水洗便所改造資金融資あっ旋制度
2. 必要書類と手続き
3. あっ旋の要綱
4. 手続きの流れ

1.水洗便所改造資金融資あっ旋制度

公共下水道が整備されると、3年以内にトイレを水洗化(他の雑排水も含めた下水道への接続工事)が法律で義務付けられています。市では皆さんに一日でも早く水洗トイレを使っていただくために、水洗便所改造資金融資あっ旋と利子補給を行っています。
処理区域内でくみとり便所を水洗便所に改造する方、又は浄化槽を廃止して下水道に接続する方には、金融機関からの改造資金の融資をあっ旋します。またその返済に係る利子については、市が負担します。

2.必要書類と手続き

※排水設備等確認申請書 用紙(29 KB docファイル) といっしょに提出してください。
・釜石市水洗便所改造資金融資あっせん申請書、様式第1号はこちらです。 用紙(38 KB docファイル) 
・申請人及び連帯保証人の納税証明書・所得証明・住民票抄本
手続きについては、工事を依頼する下水道指定工事店で排水設備等確認申請と併せて代行します。

3.あっ旋の要綱

建物の
種別
あっ旋(貸付)
限度額
償還方法 取扱金融機関
一戸建 60万円 資金貸付日の翌月から
60回以内の元金均等
月賦償還
岩手銀行
北日本銀行
東北銀行
宮古信用金庫
市内の各支店
共同住宅 大便器数1個につき
25万円以内

(1)あっ旋条件
1) 下水道処理区域内の建物所有者又は占有者であること
2) 下水道処理区域内の建物所有者又は占有者であること市税及び受益者負担金を滞納していないこと
3) 融資希望額以上の年間所得があること
4) 融資希望額以上の年間所得がある市内居住の連帯保証人(1人)が居ること。
(2)ご注意いただきたい事項
1) 工事着工後は、あっ旋を受けられませんので、必ず着工前に指定工事店に申し出てください。
2) 融資の対象は個人のみです。
3) 同じ建物で2度利子補給を受けることは出来ません。
4) 連帯保証人には同一世帯内の方でもなることが出来ます。
5) 融資の契約は申請者と金融機関の間で行いますので、融資の承認・申し込み(決定)の際には金融機関の審査が必要です。その手続き内容は金融機関によって異なります。
6) 金融機関の審査によっては、融資を受けられない場合もありますのでその際にはご了承願います。

4.あっ旋手続きの流れ


※詳しくは市下水道課又は工事指定店へお問い合わせください。