最低限の部分について施工し、道路からあまり離れていない場合の費用はおおよそ60~70万円かかるようです。
下水道管は市道や県道、国道などといった公共用地に主に布設されていますが、私有地との境界付近に市側で設置する「公設桝」というものを取り付けて下水道に接続しやすい状況にしています。家屋内で水道を使用している場所やトイレから公設桝までの区間の工事を皆様の負担で実施していただく必要があります。
工事費用金額についてはそれぞれの建物の風呂・台所・洗面所・トイレの配置や距離が異なったり、舗装部分のやり直しが必要だったりすることから個別に見積を行わないと基本的な工事費が出てきません。また、便器にも種類や付加機能(洗浄・脱臭・自動開閉など)によって金額に幅があります。水洗化工事とともに家屋や風呂の模様替えなどを行いますと当然多くの費用がかかることになります。
このようなことから具体的な金額については指定工事店に見積もってもらう必要があります。