排水設備の設置工事は、技術上の基準に沿って施工しないと詰まったり不具合が生じるおそれがありますので、依頼者(申請者)・指定工事店・市下水道課の間で手順を踏んで進める必要があります。

1.トイレの水洗化義務と実施時期について

下水道処理区域内の排水設備の設置については、法により義務付けられています。下水道本管が布設され、使用できるようになりますと流し・お風呂については、速やかに、汲取り便所は3年以内に水洗トイレに改善しなければなりません。

2.排水設備工事の手順について

施工主の方が直接行うのは下表のうち 【申請者】⇒ という部分です。
宅内の排水設備工事にかかる費用は付近の下水道本管の配置や家屋の規模、敷地の形態によって異なってきます。特に水洗トイレや、シンク等の種類はたくさんありますので、十分に検討し家庭環境に即したものを選びましょう。
工事資金の融資あっ旋を含めた手順の概要はあっ旋手続きの流れをご覧ください(このページの項目番号とは数字が異なりますのでご注意ください)。

1.見積り依頼    【申請者】⇒【指定工事店】

見積りの依頼は必ず下水道指定工事店に行ってください。また、その際数社から見積りを取って比較してみる事が大切です。

2.現場調査、見積り算出  【指定工事店】⇒【申請者】

見積書が指定工事店から出てきましたら内容についてよく比較してみましょう。工事費は家屋の規模や敷地の形態によって違います。また、排水管の取り方によっても費用が異なってきますので不明な点があったら工事店さんからよく聞いておきましょう。

3.工事の依頼    【申請者】⇒【指定工事店】

工事を依頼する先が決まりましたら指定工事店に依頼します。この際、確認申請等の手続等に時間がかかりますので、工事完了希望日時から時間的余裕をもって依頼を行いましょう。

4.工事の確認申請  【指定工事店】⇒【下水道課】

見積りでまとめられた内容を確認申請書にまとめて下水道課へ申請します。下水道課では配管の勾配の確認、必要な桝がついているかなどについて確認をします。管の勾配、桝の必要な箇所等については条例によって定められておりますので、設計に不具合があった場合は再提出となる場合がます。

5.確認書の交付   【下水道課】⇒【指定工事店】

指定工事店から提出された確認申請書の内容に問題点がないと判断された場合は下水道課から確認書が交付します。確認書が交付されましたら排水設備工事に着工する事が出来ます。

6.工事の施工    【指定工事店】⇒【申請者】

指定工事店が下水道課から確認された図面に基づき工事を実施いたします。

7.工事完了届の届出   【指定工事店】⇒【下水道課】

指定工事店より宅内の排水設備工事が終了すると下水道課に工事完了届が提出されます。

8.使用開始届の提出   【申請者又は使用者】⇒【下水道課】※

申請者が工事完了後使用を開始した時点で提出していただきます。下水道課では使用開始届を受理した時点から使用開始したものとして料金の加算を行います。

9.工事完了の検査   【下水道課】⇒【申請者】

下水道課より検査員が宅内の配管状況や排水設備の状況を指定工事店より提出された下水道台帳と差異がないと認められるかどうか確認に行きます。

10.検査済証の交付   【下水道課】⇒【申請者】

工事完了の検査で問題点が認められなかった場合は検査済証を発行いたします。これは正式な手順で下水道の接続工事をした証明になりますので、家の玄関、裏口など外から見える箇所に貼付しておいてください。

※ 申請者と排水設備使用者が異なる場合は下水道を実際に使用する方から『公共下水道使用開始等届』を提出していただきます。
     排水管設備等工事検査済証の様式