平成29年12月9日(土)ミッフィーカフェかまいしのマンホールカード配布開始!

 

 

日本のマンホール蓋は世界に誇れる文化物

日本には、およそ1,500万枚のマンホール蓋が設置されています。それを管理する自治体は約1,700あり、マンホール蓋のデザイン総数は12,000種以上にのぼるといわれます。デザインの面白さは、その土地にゆかりにある人物や名所、名産などが描かれた「ご当地モノ」であること。そして、見た目の華やかさだけでなく、絵柄から歴史や文化がうかがえる「路上の文化物」としての魅力を有していることです。これほど豊富なデザインが揃う国は他になく、日本独自の文化として国内はもとより、近年は国外からも注目されています。

 

 

マンホールカードとは

下水道広報プラットホーム(GKP)のプロジェクトチームである「マンホール・エンジョイ・プロモーション」(マエプロ)が中心となりマンホール蓋を管理する自治体と共同で作っているマンホール蓋のコレクションカードです。

「日本のマンホール蓋は世界に誇れる文化物!」。そんなメッセージを込めて、下水道関連施設や観光案内所などで無料で配布されている「カード型パンフレット」で以下の楽しさを追求しています。

 

①「集める楽しさ」にこだわったコレクションカード

全種類コンプリートはもちろん、色分けされた9つの地域、都道府県、テーマを分類化したピクトグラムなど、自分の好きなカテゴリーで集められるよう設計されています。

 

②「マンホールデザインの奥深い楽しさ」を伝えることに特化したデザイン

全国各地でデザインが異なるマンホール蓋には、ご当地ならではの名所、名産品、キャラクターなどがデザインされています。そんなマンホール蓋の写真と位置情報がオモテ面に、マンホール蓋のデザインの由来がウラ面に記載されています。

 

統一感ある楽しさ」を重視したクオリティ

全国共通のフォーマットと品質を大切にし、サイズ、材質、彩色など、コレクションカードには欠かせない統一感を重視しています。

 

20164月に第1弾の配布が始まったマンホールカードは、201712月に第6弾が発行されると計293種類(252自治体)となります。

テレビや新聞、雑誌など、1年間で600件以上のメディアが取り上げ、大きな反響を呼んでいます。

 

ミッフィーカフェかまいしがマンホール蓋のデザインになったのはなぜ?

それは・・・カードの裏面に記載されております!実際にカードをゲットして調べてみてくださいね! 

 

 

マンホールカードのこともっと知りたい!他の自治体はどんなカードなの?どこに行けばもらえるの?

などなどマンホールカードについて聞きたいこと、調べたいことがある方はココ をクリック!⇐下水道広報プラットホーム(GKP)のページにジャンプします。

 

 マンホールカード第6弾についてはここからダウンロードしてね!
  マンホールカード第6弾 内容紹介(4,425 KB pdfファイル)

  第6弾 一覧(20,574 KB pdfファイル)

  全国のマンホールカード(24,533 KB pdfファイル)

   マンホールカード全種類(49,959 KB pdfファイル)