市は、台風などの洪水・土砂災害に備え、地域での警戒避難体制づくりについて考える懇談会を開催しています。過去に地域で発生した洪水・土砂災害の様子や、地域の危険箇所を踏まえ、地域の実態に合った避難方法を住民の皆さんと一緒に検討していきます。

平成29年度の対象地域

釜石地域の一部(大平町・嬉石町・松原町・鈴子町・駒木町・大渡町・大町・大只越町・天神町)

日時

大平町・鈴子町・駒木町・天神町の皆さん: 平成29年12月18日(月)18時30分~20時00分

大渡町・大町・大只越町・嬉石町・松原町の皆さん: 平成29年12月19日(火)18時30分~20時00分

場所

釜石消防署庁舎 3階 災害対策室

(釜石市鈴子町16-19)

対象

町内会・自治会役員、消防団員、民生委員、行政連絡員、地元企業などの皆さん

内容

これまでに決めてきたことを町内の皆さんに広く周知するために、検討結果を取りまとめ、パンフレットを作成する予定です。
その記載内容について確認します。

その他

・ 懇談会は全3回の開催で、今回が最終回となります。

・ 懇談会で挙げられた意見などをパンフレットにまとめます。

洪水・土砂災害時の地域の避難体制を考える懇談会(第3回)(325 KB pdfファイル)

参考

昨年度までの取組状況は次のとおりです。

平成28年度 平田地区・唐丹地区

平成27年度 栗橋地区・鵜住居地区の一部

平成26年度 甲子地区・小佐野地区の一部

平成25年度 中妻地区

平成24年度 小佐野地区