地域での支え合いによる災害時の避難支援

市では、地震や洪水などの災害が発生したときに、自力での避難が困難な方(避難行動要支援者)を地域全体で支援するため、災害時において支援を希望される方の登録申請の受け付けをしています。


◆避難行動要支援者名簿登録制度

避難行動要支援者名簿登録制度とは、災害が発生しそうなとき、および災害が発生したときに支援を必要とする方(避難行動要支援者)が、事前に自分の情報を市へ登録しておくものです。登録した名簿は市関係課のほか、民生委員や町内会等の代表の方々と共有し、平常時の防災活動、災害時における安否確認や避難指導などに活用します。また、この名簿を基にして地域で個別の避難支援計画を策定します。


◆登録の対象者

 災害時に自力での避難が困難な方で、次の事項に該当する方となります。

 (1)概ね65歳以上のひとり暮らしの高齢者及び高齢者のみの世帯の方
 (2)介護保険の要介護3以上で居宅で生活されている方
 (3)障がいのある方で居宅で生活されている方
・身体障害者手帳2級以上
・精神障害者保健福祉手帳1級
・療育手帳重度
 (4)その他、日中ひとりで生活している高齢者などで自力での避難が困難な方


◆登録方法

各地区の民生委員にご相談下さい。申請方法等をご案内します。
   ・各地区の民生委員

また、登録申請書は、以下でダウンロードするほか、各地区の民生委員、市地域福祉課、各地区生活応援センター及び社会福祉協議会(生活ご安心センター)でも配布しています。
釜石市避難支援登録申請書(204 KB pdfファイル) 
   
各施設のご案内】
市地域福祉課(市保健福祉センター内)

各地区生活応援センター
社会福祉協議会(市保健福祉センター内)

◆受付期間

随時受け付けています。

◆おねがい

この制度は、あくまで普段からの地域の助け合いによって、少しでも災害時の被害を減らそうとするものです。
申請したからといって、災害の状況によっては、必ず支援を受けられるとは限りません。
また、支援する方が責任を負うものでもありません。
支援を希望される方自身も、常に自分の身は自分で守るという意識を持って、普段から積極的に周囲の方とコミュニケーションを図るよう心がけましょう。

  

 ◎この制度は平成26年末まで「災害時要援護者名簿登録制度」として運用していたものです。以前の制度に登録している人は、改めて登録する必要はありません。