避難指示・勧告等について
市が発令するもの
  • 避難指示(緊急)…災害の発生や拡大が確実に予想され、著しく危険が切迫したとき、強制的に避難させること。
  • 避難勧告…災害の発生や拡大が予想されるとき、避難することを勧めること。
  • 避難準備・高齢者等避難開始…災害の発生や拡大が予想されるとき、また、高齢者など避難に時間のかかる方とその支援者に、避難することを勧めること。その他の人に対しては、避難の準備を促すとともに、以後の情報に注意を払い、自発的に避難することを促すこと。
自分で判断するもの
  • 自主避難…災害の発生が予想されるとき、自らの意志で避難すること。
避難行動の基準 

判断内容

取るべき行動

第一段階

避難準備・高齢者等避難開始

・ 自力で避難に時間がかかる高齢者や体の不自由な人は、家族や近所の人たちと一緒にすぐに避難を始める。

・それ以外の方については、 避難のための準備をする。気象情報に注意し、いつでも避難ができるように準備を進めておく(家族と連絡を取り合う、非常持ち出し品を確認するなど)。

第二段階

避難勧告

避難場所開設

危険な状況が迫っているので、緊急避難場所などへ避難を開始する(できるだけ安全な経路を使う)。

※洪水・土砂災害から避難する場合で、外へ出るのが危険な場合(夜間、大雨が降り続いているときなど)は、建物の2階以上の、がけとは反対方向に避難してください。

第三段階

避難指示(緊急)

大変危険な状況になっているので、緊急避難場所などへいち早く避難する(できるだけ安全な経路を使う)。

※洪水・土砂災害から避難する場合で、外へ出るのが危険な場合(夜間、大雨が降り続いているときなど)は、建物の2階以上の、がけとは反対方向の場所に避難してください。

※ 避難準備・高齢者等避難開始を発令せず、避難勧告や避難指示(緊急)を発令する場合もあります。