事業主のみなさまへ
夏の生活スタイル 変えてみませんか?

近年、労働力人口が減少していく中で、女性や高齢者が働きやすく、また、意欲と能力のある者が活躍しやすい職場環境を作ることで、労働生産性を向上させて、成長を持続させていくことが重要な課題となっています。

岩手労働局では、「岩手労働局働き方改革推進本部」を設置し、長時間労働の抑制や年次有給休暇の取得促進などをはじめとした「働き方改革」の取組みを進めています。

こうした中、働き方対策の一環と市、明るい時間が長い夏の間は、朝早くから働き始め、夕方には家族などと過ごせるよう、夏の生活スタイルを変革する新たな国民運動を展開するとの政府の方針が示されたところです。具体的には、夏の時期に「朝型勤務」「フレックスタイム制」を推進し、夕方早くに職場を出るという生活スタイルに変えていくよう、国民運動として国全体に浸透させるものです。

各企業におかれましても、実情に応じた労使の自主的な取り組みを、可能な範囲で行うようお願いいたします。