条件付一般競争入札方式の導入について

 公共工事の入札及び契約業務の適正な執行を促進するために平成19年10月から土木C級工事について「条件付一般競争入札」を試行しておりましたが、平成25年10月15日から対象範囲を拡大し、以下のとおり実施いたします。

  1. 対象工事
    原則的に全ての市営建設工事(緊急、及び特殊な工事を除く)
    ※建設関連業務委託については、引き続き指名競争入札とします。

 2.参加資格 
       (1)釜石市市営建設工事等請負資格者名簿に登録されていること。
   (2)原則的に上記名簿に設定されている工種、等級による条件を付して公告を行います。                        
   (3)市外、県外業者を含む場合は、基本的に以下のような条件を設定します。
     ・岩手県の経営建設工事競争入札参加者名簿への登録の有無、等級
     ・経営事項審査に基づく総合評定値

 3.実施時期
       平成25年10月15日(火)以降に入札公告を行う工事から

 4.公告文
        ・工事概要、入札日、入札参加資格などを表記。
        ・市ホームページに毎週月曜日に掲載します(月曜日が休日の場合は翌開庁日)
     ・入札執行予定日の5~15日前から掲載します。(掲載期間は工事規模によります。)

 5.参加方法
       市のホームページで公告内容を確認し、設計図書を閲覧のうえ、入札予定日の3日前までに入札参加申請書を財政課契約係へ提出します。
       ※上記2(3)の場合は、最新の経営事項審査の総合評定値通知書の写しの提出が必要になります。
       その後、参加資格を審査したうえで入札参加資格の適合の可否について通知します。

 6.その他 
    一般競争入札方式であるので、入札開始時の参加者が一者であっても、入札を執行することとします。また、入札途中で一者になっても入札を続行することとします。

       釜石市条件付一般競争入札実施要綱(66 KB pdfファイル)