【4月11日更新】

    パネルディスカッションに登壇予定の高校生が決まりましたのでお知らせします。

 

    釜石高校3年生今出実利さんです。

 

    今出さんは、生徒会執行部で常任議長を務めています。昨年4月には、
東京の私立武蔵高校の交流会に参加し、震災や復興について報告するなど活発に活動しています。

    若い世代の今出さんの思いや考えを聞いて、みんなで釜石らしい防災市民憲章について考えていきたいと思います。

 

  みなさん、ぜひフォーラムにご参加ください。

 

___________________________________

     防災市民憲章の素案づくりに向けて、市内全9カ所で開催したワークショップの成果を皆さんと共有し、防災市民憲章のあり方を考える市民フォーラムを開催します。
    次の世代に震災の教訓を伝え、あらゆる災害から命を守る、釜石らしい防災市民憲章について一緒に考えましょう。

1.日時 

    4月21日(土)13時~15時

2.内容 

【活動報告】
    「災害から未来の命を守るワークショップ」9会場の成果報告

【市民ディスカッション】
    モデレーター:丸木久忠さん(釜石市防災市民憲章制定市民会議 議長)
    パネリスト:
・伊藤聡さん(三陸ひとつなぎ自然学校代表)
・柴田渥さん(松原町自主防災会事務局長)
・北村弘子さん(釜石あの日あの時甚句つたえ隊)
・釜石高校生徒さん調整中

【まとめ】
     「釜石らしい防災市民憲章のまとめ方について」
     釜石市防災市民憲章制定市民会議顧問 齋藤徳美さん(岩手大学名誉教授) 

3.場所

    チームスマイル・釜石PIT(大町1-1-10 釜石情報交流センター)
 

4.参加費

    無料、申し込み不要 

5.主催

    釜石市防災市民憲章制定市民会議

6.問い合わせ

    釜石市防災市民憲章制定市民会議事務局(市総合政策課 震災検証室内) ☎27-8413

 

   

 チラシ (464 KB pdfファイル)