東日本大震災の教訓を後世に伝え、二度と同じ悲劇を繰り返さないために「市民の誓い」として釜石市防災市民憲章をつくります。防災市民憲章のことを知って、伝えたい言葉をみんなで考えませんか?

 

1.内容 

・防災市民憲章を伝えたい相手は誰か、
    何年先まで伝えたいかなど活用する場面を考える
・盛り込みたい言葉やその表現方法について考える

2.日時・場所 

 

日時

場所

釜石会場

2月19日(月)18時

青葉ビル 研修室

平田会場

2月22日(木)18時

釜石・大槌地域産業育成センター

中妻会場

2月26日(月)18時

中妻地区生活応援センター

小佐野会場

2月28日(水)18時

小佐野コミュニティ会館

唐丹会場

3月 2日(金)18時

唐丹地区生活応援センター

全体会場

3月 3日(土)13時

イオンタウン釜石 2Fイオンタウンホール

甲子会場

3月14日(水)18時

甲子地区生活応援センター

鵜住居会場

3月15日(木)18時

鵜住居地区生活応援センター

栗橋会場

3月19日(月)18時

栗橋地区基幹集落センター

※各会場2時間程度(1時間半を予定)
※申し込み不要
※ご都合のつく会場でご参加ください

 

  

 チラシ (631 KB pdfファイル)

3.主催

    釜石市防災市民憲章制定市民会議

4.問い合わせ

    釜石市防災市民憲章制定市民会議事務局(市総合政策課 震災検証室内) ☎27-8413