釜石市復興まちづくり基本計画「スクラムかまいし復興プラン」骨子について、次のとおり公表します。
 計画策定の趣旨 

釜石市復興まちづくり計画(以下「本計画」)は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災からの早期復旧と復興、新しいまちづくりに向け、関係者が共通の認識を持って取り組むための「まちづくりのビジョン」とこれを具体化するための「施策」をまとめるものです。本計画は これまでに経験したことのない深い悲しみから立ち上がり、新たな光となるこれからの釜石のあり方を展望しながら、市民の意見を採り入れた市民目線に適った計画を目指します。

 計画の期間 

本計画の期間は、平成23年度から平成32年度までの10年間です。途中の短期3年、中期6年それぞれに中間目標を定めます。 今後、国が示す復興に向けた具体的な取り組みなどを踏まえながら、一日も早く「復興宣言」を出せるよう、計画期間の前倒しに努めていきます。

計画の性格

  本計画は、今後のまちづくりの基本的な方向性を示す、総合計画に準ずる役割を持つ計画として策定します。 

 計画の概要 
  • 目指すべき地域の将来像は

     「三陸の大地に光り輝き希望と笑顔があふれるまち釜石」とします。 

  • 復興まちづくりを推進する4つの基本方針と、同方針に沿った7つの基本目標のもとで、将来像の実現を目指します。

 

(1)  災害に強い都市構造への抜本的転換
      基本目標1 暮らしの安全と環境を重視したまちづくり
          基本目標2 絆と支えあいを大切にするまちづくり
(2)  この地で生き続けるための生活基盤の再建
          基本目標3 生活の安心が確保されたまちづくり
      基本目標4 人やもの、情報の交流拠点づくり
(3)  逆境をバネにした地域経済の再建
          基本目標5 ものづくり精神が息づくまちづくり
(4)  子どもたちが未来に希望を持てるまちづくり 
          基本目標6  強く生き抜く子どもを育てるまちづくり
 基本目標7  歴史文化やスポーツを活かしたまちづくり 

 

今後について          
  • 「スクラムかまいし復興プラン」骨子に対し、市民の意見を組み入れながら加筆修正を行い、9月をメドに「スクラムかまいし復興プラン」を策定していきます。 
  • 今後、国や県の施策方向の確認、協議調整を行っていきます。

20110712-復興プラン【骨子】.pdf (701 KB pdfファイル)