※ホームページ「釜石市電力見える化サイト かまスマ!」を立ち上げました。

 

市では、「釜石市スマートコミュニティ基本計画」に基づき、下記の取組みを進めています。 

 

釜石市スマートコミュニティ推進協議会

平成25年度に、基本計画の進捗管理、事業推進のために必要な協議・検討等を行う、「釜石市スマートコミュニティ推進協議会」を設置しました。

これまでの経緯

平成25年度スマートコミュニティ推進協議会  平成26年2月開催

・ 配布資料   次第・参加者名簿(136 KB pdfファイル)  

・ 内容     意見交換内容(181 KB pdfファイル) 

 

平成26年度スマートコミュニティ推進協議会  平成26年8月開催

・ 配布資料   次第・参加者名簿(149 KB pdfファイル)  

・ 内容     意見交換内容(208 KB pdfファイル)

 

平成27年度スマートコミュニティ推進協議会  平成27年8月開催

・ 配布資料   次第・参加者名簿(329 KB pdfファイル)  

・ 内容     議事録・意見交換(607 KB pdfファイル)

釜石市スマートコミュニティコンソーシアム

平成25年度に、先導プロジェクトの具現化に向け、市内関連業者、事業実施者等で構成する「釜石市スマートコミュニティコンソーシアム」を設置しました。

コンソーシアム会員募集についてはこちらのページをご覧ください。

 

これまでの経緯

第1回全体会議  平成26年2月開催

第2回全体会議  平成26年5月開催

 

 

スマート復興公営住宅モデル事業

緊急時でも電力を確保出来る設備を導入してエネルギーの自立性を高めるとともに、省エネとCO2削減に貢献する環境に配慮した公営住宅として整備した上中島復興住宅を、平成27年4月に供用開始しました。詳細は下記をご覧ください。

スマート復興公営住宅モデル事業(2,539 KB pdfファイル) 

 

  

復興公営住宅屋根貸しによる太陽光発電

民間活力を活用し、復興まちづくりと連動しながら、再生可能エネルギーの積極的な導入と災害に強い都市づくりを進めるため、復興公営住宅の屋根を利用した発電事業を実施します。

この事業は、市が民間事業者に復興公営住宅の屋根の使用を許可し、事業者が太陽光発電による事業収入から、市に屋根の利用料を支払うものです。事業者は、災害時等に電力供給が停止した場合には無償で電力を供給し、また、環境教育等の取組みにも協力します。

 

事業スキーム

 

復興公営住宅屋根貸しによる太陽光発電事業に関する協定を締結しました。
  • 締結日  平成26年3月20日(木)
  • 事業者  (株)建設技術研究所
  • 対象施設 復興公営住宅(4施設)

 

 

普及啓発 

釜石市電力見える化サイト かまスマ!

 

平成28年1月、ホームページ「釜石市電力見える化サイト かまスマ!」を立ち上げました。「かまスマ!」では、市内のスマートコミュニティ関連取組みの概要や、BEMS(ビル エネルギー マネジメントシステム)を導入した市内公共施設の節電量、効果などを見ることができます。

http://smart-kamaishi.info/

スマートコミュニティフェア2015 ~みえる、わからる、電気のあれこれ~

■開催日時・場所

平成27年12月26日(土) 午前11時00分~午後3時00分

釜石情報交流センター 1階ラウンジ 他

■イベント内容

当日は、LEDランタン工作教室、電気自動車による給電デモンストレーションなどを行い、来場者に電気のあれこれを見て、触って体験していただきました。

  

  

  

   

 

スマートコミュニティフェア2014 ~エコと科学の体験会~

■開催日時・場所

平成26年11月8日(土) 午前11時00分~午後4時30分

イオンタウン釜石 2階イベントスペース 他

■イベント内容

当日は、ミニコンサート、科学教室、次世代モビリティ試乗会などを行い、来場者の皆さんにエコと科学を体験していただきました。